2017年10月30日

【聴講自由】活動③関連レクチャー&対談トーク「図鑑の一生〜記録と記憶の編集〜」【申込不要】

TopNews, プログラム, 自然科学に親しむ・触る・アートする〜研究からアートそして発信〜, News

「記憶の劇場Ⅱ」

活動③「自然科学に親しむ・触る・アートする〜研究からアートそして発信〜」関連レクチャー&対談トーク

「図鑑の一生〜記録と記憶の編集〜」

 

大阪大学総合学術博物館が主催する大学博物館を活用する文化芸術ファシリテーター育成プログラム『記憶の劇場Ⅱ」の活動③「自然科学に親しむ・触る・アートする〜研究からアートそして発信〜」では、新しい図鑑づくりに取り組んでいます。

当レクチャー&トークでは、『日本の恐竜図鑑』『日本の絶滅古生物図鑑』(共に築地書館)を執筆された、“化石ハンター”宇都宮聡さん、“古生物イラストレーター”川崎悟司さん、そして編集者の橋本ひとみさんをお招きして、図鑑が生まれる時から役割を終える時までを、化石を見つけ、集め、研究する視点、図鑑をつくる視点、また図鑑を楽しむ視点から多角的にお聞きしたいと思います。

また総合討論では、化石・鉱物の研究者であり当活動の講師でもある益富地学会館研究員の石橋隆さんと大阪大学総合学術博物館の伊藤謙さんにも参加いただき、原初体験をはじめ自身の体験を元に、化石や鉱石そして図鑑に魅せられ続ける秘密についても迫りたいと思います。

※このイベントは、「記憶の劇場Ⅱ」科目③「自然科学に親しむ・触る・アートする〜研究からアートそして発信〜」受講生による企画・運営のもと、開催されます。

 

「図鑑の一生〜記録と記憶の編集〜」

講師:

宇都宮聡 (化石ハンター/パナソニック株式会社)

川崎悟司 (古生物イラストレーター)

橋本ひとみ(築地書館株式会社 編集者)

石橋 隆 (公益財団法人益富地学会館 研究員/大阪大学総合学術博物館 研究員)

伊藤 謙 (大阪大学総合学術博物館 特任講師(常勤))

日時:2017年11月18日(土) 14:00〜16:00

会場:大阪大学総合学術博物館 修学館3階 セミナー室

対象:どなたでも聴講いただけます。

参加費:無料

定員:30名(申し込み不要・先着順)