マチカネワニ実物化石

2016年07月23日

[第2期] 活動③
自然科学に親しむ・触る・アートする

プログラム, 自然科学に親しむ・触る・アートする

大阪大学総合学術博物館は、文理融合の研究と活動を行っています。本活動では、化石・鉱物のアートとしての魅力を紹介すると同時に、その科学的視点からも考察し、鉱物標本と本館蔵マチカネワニ化石をアートとして表現する活動を行います。講師には、川崎悟司、柴田純生、古田悟郎、石橋隆を招へいします。“理系研究者”と“自然科学を題材とする作家”が作り出すアートの世界を通して、アートにおける科学リテラシーの“最初の一歩”を体感して頂きます。

開催日 2016年10月8日(土)、10月15日(土)、10月22日(土)、10月29日(土)
場 所 大阪大学豊中キャンパス、(株)大成モナック本社
講 師 川崎悟司(インディペンデント・イラストレーター)
柴田純生(京都造形芸術大学)
古田悟郎(株式会社海洋堂)
石橋隆(公益財団法人益富地学会館)
上田貴洋(大阪大学総合学術博物館)
伊藤謙(大阪大学総合学術博物館)