2018年06月09日

「記憶の劇場Ⅲ」活動③「自然科学に親しむ・触る・アートする~身のまわりの鉱物~」

TopNews, スライドのみ, 「記憶の劇場III」オープニング講座, プログラム, 自然科学に親しむ・触る・アートする 〜身のまわりの鉱物〜, News

活動③「自然科学に親しむ・触る・アートする~身のまわりの鉱物~」(担当:上田貴洋、伊藤謙)

本講座では、自然科学の中にアート的要素を見いだし、それを具現化することで、アートと自然科学の融合を図ります。具体的には、自然科学の中でも、今年度は『鉱物』にスポットをあてて活動を展開します。まず座学で、私たちの身のまわりに存在する鉱物、身の回りで活用されている鉱物について学びます。そして、それに続く実習において、陶芸および絵画の分野の中で活用される鉱物の実物に触れ、アーティストとの作業を進めながら、鉱物とアートとの密接な関係についての理解を深めていきます。

<座学1回目>
2018年9月16日(日) 10時~12時
講師:石橋隆、柴田純生、上田貴洋、伊藤謙

<実習(陶芸)1回目>
2018年9月16日(日)13時~17時
講師:柴田純生、吉田瑞希、上田貴洋、伊藤謙
場所:京都造形芸術大学

<実習(陶芸)2回目>
2018年9月29日(土) 13時~17時
講師:柴田純生、吉田瑞希

<実習(絵画)1回目>
2018年10月 7日(日)  13時~17時
講師:山下智子、柴田純生

<展覧会>
2019年1月上旬(詳細未定)